ソファで本とコーヒーあるいは紅茶

サンデーGXで連載中のコミックス「薬屋のひとりごと」にどはまりし、既刊全巻イッキ読みし、さらに原作小説も読破したところで、次に気になったのがもう一つのコミカライズ版。

 スクエアエニックスのビッグガンガンでこちらも連載中のもの。

カテゴリーはどちらも青年マンガ誌。

でも漫画家さんの作風や原作からコミカライズへの切り取り方で、元は同じ作品でありながらそれぞれも単独で楽しめるのは面白いところです。

さすがにいくらでもお金を注ぎ込めるわけではないので、スクエニ版の方は途中までしか読めてないけど。

スクエニ版を読み始めたところで、ちょっと比べてみたくなりました。

ふたつのコミカライズの大きな違いは、サンデー版はタイトルが「薬屋のひとりごとー猫猫の後宮謎解き手帳」と副題がついているところ。

つまり、猫猫が後宮やそれにまつわるそこここで謎解きをしていく部分にフォーカスしたストーリーになっているということ。

 なのでコミカライズにあたっては、事件がより浮き彫りになるような原作からの切り取り方をしてる気がします。

その分、事件とは別の登場人物たちの細かな心理描写の部分は削られてますが、テンポのいいストーリー展開になってるのかな。

一方のスクエニ版は、猫猫が薬屋としての知恵や経験から事件を解決していくという本筋は同じだけど、登場人物たちの心理描写もしっかり掬っていて、事件もいろいろ起こるけどそれ以外もなんやかんやあるよという感じですかね。

冒頭、小説では後宮の中で空を見上げながら物思いに耽り、なぜ今猫猫が後宮にいるかということが語られていき、スクエニ版はそれに沿ったかたちで話が始まります。

サンデー版では、猫猫が突然人攫いに攫われるところから始まるので、不穏な雰囲気からのスタートとなります。

また、猫猫を事件に巻き込んでいく人物、宦官の任氏と猫猫の距離感が違います。

媚薬にまつわる事件の中で、 猫猫のいる部屋から任氏が出るときの描写。

小説では、なにか冷たいものが猫猫の首に当たったとだけある箇所が、サンデー版では猫猫の首に後ろから任氏が指をツツッと這わせるのに対し、スクエニ版では任氏が背後から猫猫の肩に手を置き髪を掬い上げ、首筋に軽く口づけをするという表現になってます。

この部分はサンデー版と小説を自分の中でリンクさせて読んでいたので、スクエニ版を読んで確かにその解釈もありか・・・と思ったのと、 任氏と猫猫はこの先どんどん関係性が変わっていくので、それがそれぞれのコミカライズでどう表現されていくのか俄然興味が湧いてきたワンシーンでもあります。

ストーリー上の違いはまだまだたくさんありますが、一旦置いておいて。

あとコミカライズでの違いといえば、絵柄ですね。

端的にいうとサンデー版は線が太く、スクエニ版は線が細い。(あくまで個人の感想です)

任氏は人間離れした美貌の宦官と表現されてますが、サンデー版の方が男性っぽく、スクエニ版の方が中性的に見えます。

まあ絵柄は好みだと思うし、どちらも丁寧で整っていて読みやすいので、どちらというのもないですが。

さらに言うと小説の挿絵も別の方なので、3通りの猫猫や任氏を楽しめるわけです。

挿絵の絵柄も好みなので小説ではそれも楽しみのひとつなのです。

今日はここまで。

次は引き続き、ふたつのコミカライズを比べてみよう。

今、かなりハマっている漫画が「薬屋のひとりごと」という中華歴史ファンタジー?もの。

これは原作小説があってのコミカライズですが、二人の漫画家さんが別々の出版社でコミカライズするという人気ぶり。

コミカライズはそれぞれ、サンデーGXとビックガンガンで連載中。

どちらも月刊誌なのでペースは同じだけど、漫画化でどこをどうピックアップするかで進みが違ってきたりするのかな。



「薬屋のひとりごと」にはまったのは最近なんだけど、最初はサンデーGX版のコミック新刊発売キャンペーンで無料で1巻を読んだら面白くて。

すぐに全巻一気読み!しましたw

現在6巻まで出てるんだけど、それが面白くて。

しばらくは何度も読み返してたんだけど、先がめちゃくちゃ気になる気になる!


そこで次の行動が

原作小説を検索してみる
「小説家になろう」サイトで連載していることを知る
ここで現在掲載されている分まで読む


でweb版の小説も全部読んだんだけど、お知らせ欄で小説の書籍化やそれが順当に出版されていることを知り、

書籍化の方は加筆があるのかなと、それを知るヒントを探す
電子書籍のコメント欄で、web版ではなかった衝撃の展開があるらしいことを知る
とりあえず文庫版の1巻を買って読んでみる


という経緯を経て文庫版の1巻を読んだ感想が

「内容がさらに濃く、じっくり描かれてる!ヤバイ!面白い!」

となり、文庫版は今8巻まで出てるんだけど、結局全巻買いました。

さすがに小説は一晩で読み切れないので、数冊ずつ何週間かに分けて買ったけど、仕事終わって家に帰ったら必要最低限のことだけしてあとはずーっと読んでました。

なんなら会社の昼休みも我慢できなくて、休憩中ずっと読んでた。

そういう意味では電子書籍ってほんとに便利。

スタンドにもなるスマホリングつけてるので、読みやすい位置で立ててご飯食べながら読めるから。

お行儀悪いかもしれないけど、それぞれのタイミングで休憩に入る職場なので一人の時はだいたいスマホいじりながら食事するから。

結局、文庫版の小説は2週間くらいで読み終わって、さらにもう一回読み直して。

次は漫画をもう一度読み直したんだけど、そこで小説を読む前に漫画を読んだ時は気付かなかったことがいろいろ出てきたのは自分でも興味深かった。

人物像が小説を読むことで深まっていたので、登場人物の行動や表情がより意味を持ったり、本筋にはそれほど重要に思えなかったシーンがすごくクローズアップして見えるようになったり。

今まで先に小説を読んだものはコミカライズもアニメも見なかったり、逆にコミカライズやアニメで見たものは原作小説には手を出さなかったりだったので、両方楽しむってどういうことなのかがよくわかったし、「薬屋のひとりごと」については小説と漫画と両方読むことによって、より一層面白さが増しましたね。

で、ここで気になるのがもう一つのコミカライズなんだけど。

今日はここまで。この続きは次回。

このページのトップヘ