rinne

「好きな色と似合う色は違う」ということを知っていますか。

この言葉にピンと来る人は、パーソナルカラーについて大なり小なり知っている人でしょう。

パーソナルカラーとは「自分を引き立たせてくれる色」のことです。

パーソナルカラーはその人の持つ肌の色、瞳の色、髪の色などで総合的に判断します。

まずはその人がイエローベースなのかブルーベースなのかを判断します。

イエローベースであれば、さらにスプリングかオータムかに分かれ、ブルーベースであればサマーあるいはウィンターに分かれます。

簡単な診断の場合、どのシーズンカラーが似合うのかまでで終わりますが、もっと詳しい診断になると100色近い色の中から自分に一番似合う色を導き出します。

自分に似合う色を知っていれば、ここぞという時に自分を一番輝かせてくれる色を身につけられますし、知っていることで自分に自信を持った振る舞いができるでしょう。

たくさんの色の中から自分に似合う色を見つけるのは難しいですが、パーソナルカラーの本やネット上のサイトでも診断ツールがあります。

当てはまる方を選んでいくだけで4つのシーズンのどれが自分のカラーか診断することができるので、興味のある方は是非やってみてください。

ただ自分だと判断を間違えていることもあるので、正確に知りたいならプロのパーソナルカラーアナリストに診断してもらうのが一番です。

実際、私の知り合いで完全に似合う色を間違えていた人がいました。 その人はどう見てもブルーベースのサマーかウィンターなのに、自分ではオータムだと信じ込んでいたのです。

仮にT子さんとしますが、T子さんが何を間違えていたかというと、自分の肌は黄色味があるのでイエローベースだと思ったところです。

確かに日本人の肌は黄色系ですが、そんなことを言ったら日本人全員がイエローベースになりますよね。

私はブルーベースのサマーですが、自分よりもっと肌が青みを持った人と比べたら黄色に見えます。

自己判断では客観的ではなく主観や対比で見てしまうので間違えやすいところです。

そしてT子さんがイエローベースでもオータムだと思ったのは、自分がパステル系が似合うタイプではないと思ったからだそうです。

私はプロとして活動してないですが、パーソナルカラーの診断方法を学んだ経験から似合う色についてお話することがあります。

T子さんにもサマーかウィンターではないかという話をしたら、大変ショックを受けていました。

自分ではオータムだと信じ込んでカーキやブラウン、からし色などいかにもオータムカラーの服ばかり持っているからです。

別に好きな色を着てはいけないというわけではありません。

ブルーベースの人でも取り入れ方によってはスプリングやオータムカラーを身につけられます。

しかし、それは似合う色を知っているから出来ることです。

後日T子さんがラズベリー色のトップスを着て見せてくれましたが、肌に透明感が感じられ瞳も輝いて見えました。

自分でもこの色が似合っているのが分かると喜んでいたのでよかったです。

タイトルにもあるパーソナルカラーによって人生が変わるか?ですが、変わることもあります。

人の第一印象ってとても大事で、それ以降の相手に対する認識を左右することもあります。

似合わない色を合わせて良い印象を与えられないより、似合う服を着て良い印象を持ってもらった方が絶対いいですよね。

良い印象を持ってもらうことで好きな人と付き合えたり、良い仕事を紹介してもらったりと人生が好転する可能性が高まるなら似合う色を知りたいと思いませんか。

私はブライダルのフローリストとして、会場の装花や花嫁のブーケなどを提案して作っています。

その時にもパーソナルカラーの知識は役立ってます。

新郎新婦の印象はタキシードやドレスといった衣装だけでなく、ブーケや装花でも左右されるからです。

どちらかというと新婦様メインで考えますが、ブーケの色合いが新婦様ご本人やドレスの色に合っていないと美しさが引き立ちません。

会場装花も新郎新婦はメインテーブルで装花の前に座るわけですから、お顔を綺麗に見せてくれる色合いを合わせれば、より輝いて見えます。

新郎新婦が心を込めて準備したかけがえのない1日なのですから、ご本人たちにも目一杯輝いてもらいたいと思います。

パーソナルカラーに限らずですが、色の上手な取り入れ方を知っていると世界が広がりますね。

2月にハーバリウムのワークショップを開催するので、サンプルを作ってみました。

018de5849294816639a0ac6739e9e92b828d1e8b54

2月の上旬でバレンタインデーが近いので、バレンタインデーをイメージした色合いで。

赤のミニバラやアジサイをメインに、ゴールドにペイントされたかすみ草やブラウンカラーのラグラスで大人っぽい雰囲気にしてみました。

日本のバレンタインデーも最初は女性がチョコレートを好きな男性に渡して告白する、というカップル向けのイベントでした。

それが家族や友人の男性に日頃の感謝を込めてプレゼントするならまだしも、職場の男性全員に女性全員からチョコを配るという義理チョコに発展した時はめんどくさかったですね。

自分が好意のある人に渡すならともかく、なんとも思っていない人にわざわざお金を掛けてチョコレートをあげるなんて!と反発心もありましたが、その頃は私も新入社員で女性の先輩に言われるがまま、大量のチョコを買いにデパートに行ってましたよ。

バレンタインデーも時代が移り変われば変わるもので、最近では友チョコとか女性から男性にではなく女性同士でプレゼントし合ったりと、バリエーションが豊かになりました。

贈るものもチョコレートに限らなくなってきましたよね。

昔、私が花屋で働いていた頃は、観葉植物にハートのピックを挿し、バレンタインデー仕様にラッピングして店頭にディスプレイしたりしていましたね。

今だとやはりハーバリウムのプレゼントが人気なのでしょうか。

観葉植物だとその後育てないといけないですが、ハーバリウムは飾っておくだけでいいから贈りやすいですしね。

箱を開けたらチョコとハーバリウムがセットになっているというのもお洒落でいいですよね。

すでにそういった商品はいっぱいありそうですが。

チョコレートに合わせるハーバリウムもチョコレート色に合わせてボルドーやブラウン系の落ち着いた色でまとめるとシックでおしゃれになるし、明るい色やカラフルな色でまとめると箱を開けた瞬間に楽しい気分になれそうなプレゼントになりますよね。

贈る相手に合わせて色合いや雰囲気を考えるのも楽しいものです。

バレンタインデーって「愛」がテーマになってくるので、愛情や情熱をイメージする赤やピンクがメインカラーになりやすいです。

今回のワークショップで、赤とピンク以外にチョコレートを意識してブラウン、プレゼントの華やかさを出すためにゴールド、という組み合わせにしたのは、バレンタインデーのイメージを分かりやすく表現するためです。

今回はみんなで同じ素材を使って作ってもらうことになりますが、いろいろな色の素材を用意してそれぞれが贈りたい人のイメージや、各自の持つバレンタインデーのイメージで作ってもらうのも面白かったかなーと思いました。

何かに対するイメージって本当に人それぞれ違うのが作品作りに如実に現れるので面白いんですよね。

それは同じ素材を使っても同じことで、サンプルに似せて作ろうとする人もいれば、まるっきりオリジナルで作る人もいます。

バレンタインデーというテーマと共通の素材で、参加者さんたちがどんな作品を作ってくれるのかますます楽しみになってきました。


このページのトップヘ