捨てられた皇妃|8月にコミックス4巻とノベル1巻が同時発売

8月6日に、「捨てられた皇妃」のコミックス第4巻とノベル版第1巻が同時発売するようですね。

書店予約も、もう始まっていました。

捨てられた皇妃ノベル版について

ピッコマでノベル版が掲載され始めてから、一週間くらい経ちました。

待てば¥0で、毎日1話ずつ読んでいるのですが、結構誤字脱字や文脈のおかしいところが多いのが気になります。

明かに間違えてコピペ挿入したのに気付かずに掲載しちゃった?ような箇所とか、会話文の途中に鍵カッコで読者への言葉の説明を長々と入れてあったりとか。

文章は直訳でも意味がわかれば構わないくらいの気持ちで読んでますが、出版される時はその辺りもちゃんと校正されたものが発売されるのか気になります。

さすがに校正して修正したものを出版するとは思いますが、今のWEB掲載のままだとしたら、お金出して読むのにはちょっとなレベルなので。

買う前に自分が見つけた間違いの部分をチェックできるといいのだけど、小説なら本屋で中身の確認ができるかな。

コミックス4巻は買う予定だけど、小説の方はまだ未定です。

捨てられた皇妃コミックス第4巻について

コミックスの第4巻は、39話からですね。

今まで、1巻ではプロローグから13話の前編、2巻では13話の後編から25話、3巻では26話から38話と、だいたい13話ずつくらい掲載されています。

そうなると51話くらいまでかな、今回は。

前回の3巻の発売が今年の2月だったので、だいたい半年に1冊くらいのペースですが、今の105話まででもまだコミックスになるには何年もかかりそう。

人気作なのだから、ペース上げてくれると嬉しいのですが。

ストーリー追う分には縦読みでもいいのだけれど、じっくり読むにはページごとに読みたいのです。

縦読みだと分断されてたところが、ページにまとまるとより理解が深まることもあるので。

それと、ピッコマだと何話も続けて読んでいると、急に通信状態がなんたら〜とかなって読めなくなることも多いのですよね。

わたしはピッコマでは厳選して読んでますが、たくさん読んでいる人はそういうことないのかな。

あと気になるのは、表紙がどうなるかですね。

第4巻はカルセインの出番が増えるので、今ピッコマで使われているカルセインとアリスティアのイラストも考えられるのではと。

とにかく、何年かかるかわからないけど完結まで見届けたいです。

とりあえず8月を楽しみに。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました