捨てられた皇妃【104話】ネタバレ感想|父たちの恋愛話編

漫画アプリピッコマで連載中の「捨てられた皇妃」104話のあらすじ感想です。

ネタバレあります。

前回の103話はこちら

登場人物紹介はこちら

捨てられた皇妃104話

ケイルアンとジェレミアの出会い

人気のない路地裏で、暴漢に襲われていた赤い髪の女性。

強い眼差しで「黙って見ていないでお助けください!」とケイルアンに叫んだ女性こそがジェレミアでした。

それは、現皇帝が即位してすぐの頃。

派閥争いで国中が荒れていた時代のことでした。

ここでケイルアンによって、モニーク家と皇室との「血の誓い」がどういうものか明かされます。

古代から帝国に伝わる三種の魔法の一つで、モニーク一族の血を伝って継承される誓い。

心臓をかけて皇室への絶対的な忠誠を誓う契りの魔法であり、その誓いによって皇室は強固な地位を守ることができたと。

この世界にも魔法があったのですね。

でも誰もが扱える魔術みたいなものじゃなくて、神官とかが立ち合いの元で契約を結ぶみたいなものなのかな。

その血の誓いを破るとどうなるかは、前例がないからわからないとか。

かつてアリスティアが処刑された世界で、ケイルアンがアリスティアを迎えにくることなく処刑されたのはこの誓いを破ったから?

身重の美優を襲撃して流産させたからと、ルブリスはアリスティアに告げていたけど、実際はどうだったんだろう。

とにかくモニーク家の皇室への忠誠は絶対的なものだったということですね。

しかし、ケイルアンは現皇帝に「血の誓い」を立てることを望まれても拒んでいたと。

誓いがなければ信用に値しないと言われているような気がしたからだと。

強制的に忠誠を誓わされたとして、それで忠臣と認められてもそれは当事者であるモニーク家にとっては呪いに他ならないのです。

しかし、ジェレミアを保護し、しばらく一緒にいるうちにジェレミアに心を奪われていったケイルアン。

モニーク家で火災が起こった時、ベル宮でアリスティアがやったように使用人たちの指揮をとり果敢に消火活動を行ったジェレミアを見て、ケイルアンは一生を共にしようと決意したのでした。

拒み続けていた血の誓いを受け入れてでも。

ここで、たぶんジェレミアの秘密が関わってくると思うのですよね。

ケイルアンが誰かと結婚しようと、血の誓いとは別のはず。

以前も皇帝陛下にケイルアンが再婚などできないことを陛下が一番よく知っているというようなことを言っていたし。

でも、ケイルアンはアリスティアがそれ以上聞くのを制しました。

今は聞かないでおくれと。

これは、ルブリスがジェレミアを看取った日のことが明かされた時に、一緒に明らかになるのではないかと思っています。

ケイルアンのジェレミアへの思いを知り、再婚しないのかと聞いたことは軽率だったと謝るアリスティア。

そしてふたりの恋を羨ましくも思うのです。

自分がかつてした恋とはまるで違うと。

ひたむきに愛され続ける母が羨ましいと。

でも、今ならルブリスもアレンディスもカルセインも、アリスティアが受け入れればひたむきに愛してくれると思うのですけどね。

アリスティアはかつての記憶に縛られているから、誰かを愛することはまだまだ難しそうです。

しかし、ケイルアンはアリスティアに一生を捧げると決めた人がもう一人いると言います。

それは、アリスティアだと。

アリスティアがいれば幸せなのだと。

今のアリスティアには、ケイルアンからの愛だけで十分なのでしょう。

それすらも、前世では知らずに取りこぼしてしまっていたものだから。

おまけ的なラス家とベリータ家の両親の馴れ初め

ラス家では、カルセインが父親に母親のどこが好きなのか聞いていました。

アルキントは、あの人の魅力が理解できないとでも言いたいのか?と怒り顔。

カルセインは、ずっと両親が政略結婚だったと思っていたけど、実は恋愛結婚だったのですね。

しかもアルキントの一目惚れとか。

冷たくあしらわれた時に虜になってしまったとかマゾですか。

でも、この話をする頭に花の咲いたアルキントが可愛い。

アルキントがエレニアと言葉を交わしたのは、アルキントが陛下の命でラウレル一族を粛清していた時。

血まみれの騎士に、毅然とした態度を崩さなかったエレニアの強さに惚れたのですね。

アルキントは騒乱の時代、エルニアやジェレミアが武器を持たずとも強くあったことを思い出すのでした。

そしておまけ?

ベリータ家のルースと奥様も実は恋愛結婚で、両家の政略結婚に見せかけたルースの計画だったとか。

ルースも情熱的なところがあるのですね。

でも、それじゃあなんでアレンディスを可愛がって育てなかったんですか!

アレンディスが哀しくて、まだしばらく引きずりそうなんですけど・・・。

今回は、モニーク家とラス家の親子のやり取りがとても良かったです。

ピッコマで「捨てられた皇妃」の小説が配信開始

そしてなんとピッコマで「捨てられた皇妃」の小説版が配信開始されました。

一気に77話まで配信されていて、びっくり。

作品紹介に、マンガより先の展開が読めるとあったのですが、とりあえず無料で読めるプロローグから4話までの過去編を読み終わりました。

アリスティアの悲劇をまた文章でなぞるのは辛かった。

ストーリーをより深く理解できると思うので、小説も少しずつ読んでいきたいと思います。

次回の105話はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました