捨てられた皇妃【第101話】ネタバレ感想|アレンディスの回想が続きます

漫画アプリピッコマで連載中の「捨てられた皇妃」のあらすじ感想です。

ネタバレあります。

前回の100話はこちら

登場人物の一覧はこちらこちら

捨てられた皇妃101話あらすじ感想

今回は、アレンディスの回想です。

アリスティアとの出会いから、アレンディスがアリスティアに拒まれ領地に行ってしまう前までです。

ということは、次話もまだアレンディスの回想が続くってことですね。

長い。

けど、しっかり描かれているのでどの登場人物にも思い入れが深くなってしまうのですよね。

アレンディスがアリスティアのもとを訪れてみようと考えたのは、父ルースがアリスティアを兄のアレクシスの相手にどうかと母親と話していたのを偶然聞いてしまったのがキッカケでした。

ルースがアリスティアと比べてやたらとルブリスを苛立たせていたのはワザとだったんですね。

そんな気はしていましたが。

そして婚約破棄に持ち込み、ベリータ家とモニーク家で縁戚を結ぼうとするという計画だったんでしょうか。

そうなれば現在序列一位のラス家に取って代わって、ベリータ家が序列一位になるのを目論んでるとか?

ルースがアレクシスばかり構うのは、病弱ってことだけじゃなく、自分より賢いアレンディスが気に食わなかったから?

母親は単純に病弱なアレクシスの世話をするのに必死で、とくに問題なさそうにみえるアレンディスを気付かず放置してただけっぽいけど。

どちらにしても、アレンディスが不憫です。

心がダークサイドに行ってしまうのも、しょうがない。

父親を出し抜いて自分がアリスティアと結婚できたらと考え、アリスティアに会いに行ったけど。

ケイルアンの愛情を求めるアリスティアを見て、その矛先を自分に向けて欲しいという欲望を持ってしまった。

それが叶えられたら、自分の中の空洞が埋められると思ったんでしょう。

少しずつ少しずつ、アリスティアが心を開き、アレンディスなしではいられないようにしたかったんですね。

でも、遠征に行くメンバーに選ばれ、戻ってきたときにはカルセインがアリスティアのそばにいた。

その時に、嫉妬とともにアリスティアを自分の鳥籠に閉じ込めているつもりが、自分自身がアリスティアに閉じ込められていて、それを心地よく思っていることに気付くアレンディス。

知らない間にアリスティアを囲む人は増えていたけれど、それでもまだアリスティアが心を寄せるのはアレンディスだけだっった。

あの日までは・・・。

アレンディスにはアリスティアが自分のものにならなくても、その暗闇から脱却して幸せを掴んで欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました