つまり好きって言いたいんだけど、【第8話】ネタバレ感想

つまり好きって言いたいんだけど、

登場人物

冴島千歳

芸能事務所のマネージャー。

子供の頃よくいじめられていたことから護身術も身につけ、強くて負けない自分になったと思っている。

藤代瀬那(本名:不二宗純)

千歳の事務所のトップ俳優。

千歳の幼なじみで、千歳をいじめていた本人。

【Act.8】君のためにできること

前回のAct.7はこちら

読者目線では瀬那が千歳のことを好きだろうなってことはわかるんですが、ぜんっぜん!まったく!千歳には通じてないのがちょっと気の毒になってきました。

もうすぐ瀬那のお誕生日。

ってことで、千歳がバースデーパーティの企画をしているのですが、前マネージャーの森崎さんに何が喜ばれるか聞いたところ女の子だと。

千歳が現れる前は、それなりに女遊びをしていたようで。

でも千歳に出会ってからは、そういうことを一切していませんでした。

千歳はそれを自分が同居していたから遠慮していたのだと思い、パーティに女の子たちを手配します。

そして気を遣わせないように先に帰る千歳。

千歳のマンションは復旧して、もう瀬那の部屋は出てるんですよね。

すると、瀬那がやってきて怒りをぶつけてきます。

千歳はそれを趣味じゃない子たちばかりだったのか?と真剣な顔で謝ってくるんです。

この時の、瀬那の悲しそうな顔。

瀬那がなにを言っても千歳には本当だと思ってもらえないとわかったんですね。

初めて嘘を信じ込ませる特技が厄介だと思ったと言うと、突然千歳にキスをします。

それでもどこが悪かったのかちゃんと言って欲しいという千歳に、好きな子にあんな真似されて腹立たないやつがいたらお目にかかりたいと。

でも、瀬那はこれで自分がなにをしなきゃいけないかわかったようです。

本当のことを嘘だと思われるのではなく、本当のことを本当にしなきゃいけないということを。

次は瀬那がどんなアプローチをしてくるのでしょうか。

千歳にとっては、まだ幼なじみで担当のタレントどまり。

瀬那の本当をわかってもらい、なおかつ好きになってもらわないといけないからなかなかハードル高そうです。

・・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました