弁護士カレシ【第9巻(35話〜37話)】ネタバレ感想

とうとう葵に好きだと告げた沢渡さんですが、葵はどう答えるのでしょうか。

そして尾行の犯人は?

弁護士カレシ9巻のあらすじと感想です。

ネタバレありますのでご注意を。

前回の8巻はこちら

 

弁護士カレシ第35話「2人の腕の中」

沢渡さんに抱きしめられ告白された葵ですが、ちゃんと辰巳と付き合っていると言いました。

でもそれで沢渡さんは引かず、だからといって諦められないと言って帰っていきました。

次の日の朝もちゃんと迎えにきた沢渡さん。

今のまま、上司じゃない部分の自分も知って好きになってもらえる日を待つという持久戦に持ち込むようです。

仕事中もつい沢渡さんのことを考えてしまう葵ですが、態度に出てしまってるんですね。

辰巳にバレバレでした。

沢渡さんと何かあったのか?と聞かれ、正直に告白されたことを伝えた上で好きなのは辰巳だと言いますが、沢渡さんに言われたことで揺れてる葵を見たら信じられないと言われてしまいます。

そこに沢渡さんが戻ってきて、葵は辰巳に促され沢渡と帰宅していきます。

葵を突き放してしまったことを悔やみ追いかける辰巳。

葵は辰巳を傷つけてしまったと涙が堪えきれず、沢渡は葵を抱きしめて慰めます。

沢渡の優しさに触れ、涙が止まらない葵。

そんなふたりの姿を見てしまった辰巳。

弁護士カレシ第36話「尾行の犯人」

沢渡の胸で泣く葵を見て、辰巳はそのまま事務所に戻ります。

帰宅した葵からの電話にも出ずに。

次の日、ほとんど事務所に顔を出さず、まるで葵を避けているような辰巳。

事務所に立ち寄った隙に、葵は辰巳に何か話そうとするのですが、まだ葵のことを許せないからもう少し時間がほしいとあおいを拒絶してしまいます。

その日の帰り、尾行犯は葵を送った帰りの沢渡に忍び寄っていきます。

そのことに気づいた沢渡が何か対処しようと横断歩道の階段を降りかけた時に、突き落とされてしまいました。

狙われた沢渡の代わりに、次は川田が葵の送り迎えをすることに。

次の日、茉莉花がやってきました。

大変な思いをしてる葵の話し相手になってくれと、辰巳に頼まれたとのこと。

茉莉花から辰巳が睡眠時間も削って犯人を突き止めるために調べていると聞き、葵は自分のために頑張ってくれている辰巳にひどいことをしてしまったと泣いてしまいます。

そこに、予約の時間より早く相談者の有岡が来ます。

茉莉花は帰る道すがら辰巳に電話をし、葵が泣いていたことと有岡が来たことを伝えます。

その時、茉莉花は以前も有岡に会ったことを思い出し、辰巳にその話をすると、辰巳は何か気づいたようで沢渡に電話を。

沢渡がどこかで見た気がすると感じた犯人は、やはり有岡でした。

その有岡の相談は、自分が何かあったときの全財産を葵のものにする遺言書を作りたいというものでした。

弁護士カレシ第37話「伝えたい気持ち」

こんな時に、事務所のメンバー全員出払っているんですね。

有岡の様子がおかしいことに気づいた葵ですが、有岡に追い詰められて逃げられません。

そこに辰巳が戻ってきました。

隙をついて辰巳の胸に飛び込んだ葵は、辰巳のことが好きだから、有岡の気持ちには応えられないと。

間かなりはしょっちゃいましたが、有岡は葵に親身になってもらえて嬉しかったんですね。

そして葵のことを見ているうちに、辰巳が茉莉花と会っているのを見て葵を裏切ってるんだと考え、沢渡に抱きしめられて泣く葵を怖くて泣いてるんだと感じ、葵は自分が守るんだという考えに取り憑かれてしまった。

葵がいれば自分は幸せになれる。

葵がいなければ、自分は一生ひとりだと。

それに対し、葵は自分じゃなくても有岡のことを理解してくれる人が絶対いると断言します。

有岡にとっては気休めに聞こえた言葉だけど、こういうところが葵の良さなのかなと思いました。

いろいろな詐欺に騙されても、決して相手を悪く言わない。

有岡は人を信じて傷つくことを恐れない人だと思うからと。

そしてちゃんと、自分が味わった恐怖、沢渡に怪我をさせたことは犯罪だということを、葵と辰巳でしっかりと伝えました。

そこでやっと自分がやったことに気付いた有岡。

ちゃんと説得できてよかったです。

やっとふたりで帰ることができた辰巳と葵。

お互いどんなに好きかということを伝えあって、仲直りできました。

そして辰巳から一緒に住まないかという提案が・・・

・・・・・

無事解決してよかったです。

ひとつの事件と辰巳や葵の気持ちの揺れなどをうまく融合されていて、話の作り方がうまいなーとも思いました。

途中で有岡ヤバイと思ったのが、最後には有岡にも幸せになって欲しいなと思っちゃってるし。

いつか、奥さんとお子さん連れて、また事務所を訪れるのではないでしょうか。

次は同棲生活スタートなのかな?

次の10巻はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました