捨てられた皇妃【96話】ネタバレ感想|冠を戴くアリスティア

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」96話、あらすじと感想です。

ネタバレありです。

前回の95話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃96話あらすじ感想

アリスティアに皇族のみに許されるティアラが贈られ・・・

建国祭最終日の宴会に出向く前に皇帝陛下と皇太子に謁見するケイルアンとアリスティア。

皇帝はアリスティアに誰が次期皇妃に相応しいかと問いかけます。

王女たちと交流したアリスティアの意見が聞きたいのだと言われ、考え込むアリスティア。

出した答えは、ルア王女でした。

その理由は、強国であるルア王国と同盟を結ぶとよいこと、ルア王女自身も冷静で思慮深く皇太子の大きな支えとなってくれるだろうこと。

ルブリスはその意見をどんな気持ちで聞いているのですかね。

相変わらず無表情で何もわかりませんが。

話は変わって、皇帝はアリスティアの装いに何かが足りないと言います。

そこでアリスティアに差し出されたのは、ティアラ。

それを見てドン引きしているアリスティアと、皇族と王族のみに許されるものを何故と困惑を隠せないケイルアン。

皇帝はアリスティアが頭に何もつけていないから何かあったほうがいいと思っただけだと言いますが、さすがにケイルアンもそれに納得するはずありません。

実はこれには意図がありました。

今回貴族派はイット王女を使ってアリスティアを標的にしてきた。

成人後のことはまだ決まっていないが、今はれっきとした次期皇后なのだから対外的に地位を固めておいた方がいいという考えだったのです。

それでも渋るケイルアンに皇帝は、昨日話し合って出した結論を公表すれば何が起きるかわからないと言い、ケイルアンを納得させます。

これはアリスティアを守るためなのだと。

何が話し合われたかはアリスティアは聞かされていないようですね。

護衛騎士との間に子供を孕っているリサ王女のことも含めルブリスから話がなされ、皇帝と重臣の間で話し合いが行われたと考えられますが、どういった結論が出されたかはこの後の宴会の流れで分かるのでしょうか。

皇帝に促されてその頭上にティアラを戴くアリスティア。

頬を染め感謝の気持ちを述べるアリスティアに、ルブリスもまた頬を染めアリスティアを見つめています。

これで頭の上から足先までコーディネートされたアリスティアですが、このコーディネートはルブリスの好みなのでしょうか。

絶対、デザイナーにいろいろ注文付けていると思うのですよね。

そこにハレンが背後からルブリスに準備が整いましたと報告します。

やはり何か画策しているようですね。

貴族派に冠を咎められたアリスティアとルブリスの宣言

一方イット王女は貴族派から自信のほどを聞かれ、次期皇妃の座は誰にも渡さないと断言するのですが、その前をティアラを頭に戴いたアリスティアが通り過ぎようとします。

その姿をみとめ、突っかかっていくゼナ公爵とイット王女。

侯爵の娘ごときが皇族の権威を象徴する冠をかぶるなんてと詰め寄ります。

するとアリスティアの前にエンテアやジェノアといった皇帝派の令嬢が集まり、周りを固めます。

それにも構わずアリスティアに暴言を続けるゼナ公爵や王女たち。

そこにジェノアが立ち塞がります。

イット王女がこれまで行ってきたことを並べ、イット王女の方こそ一国の王女としてあるまじき行いだと。

これに激怒したイット王女は手を挙げジェノアを叩こうとしますが、その腕をアリスティアが掴み制します。

制止するアリスティアに詰め寄るイット王女。

后に相応しいのはおまえなんかじゃなくて私なのに!と叫ぶと、そこにルブリスが現れ実に見苦しいと発します。

振り上げたイット王女の左手とその手を掴むアリスティアの手に自らの手を伸ばし、降ろさせるルブリス。

このような事態になるとは僕が迂闊だったとアリスティアを見ながら言います。

イット王女はそれでもアリスティアが自分を侮辱してきたのだとルブリスに媚びますが、ルブリスはきっぱりと騒動を起こす皇妃は必要ないから国に帰ってくれと言い放ちます。

一部始終を見ていたからいくら言い訳を並べても無駄だ、とも。

ルブリスはいっつもちょっと離れたところから見てるんですよね。

アリスティアは気づいていないようだけど、結構いろいろ見られているような気がします。

そしてこの場で公言するといい、5人の王女いずれも迎え入れないと決めたと宣言するのです。

ところでさっき書きそびれましたが、アリスティアのドレス。

首元の飾りにAの刻印があるのですよ。

アリスティアの頭文字の。

ルブリスがこういうデザインにしてくれと言ったのか、デザイナーがデザインしたものをこれはいいなと言ったのかとか、想像しちゃいます。

さてこの後。

誰も迎え入れないと言ったルブリスですが、その理由も述べてくれるのでしょうか。

・・・・・

次の97話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました