捨てられた皇妃【85話】ネタバレ感想|社交界の諍いを収めるアリスティア

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」85話、あらすじと感想です。

ネタバレありです。

前回の84話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃85話あらすじ感想

いよいよ建国記念祭のはじまり。

例年、各国から貴賓が招かれ慌ただしくなるが、いつもと異なるのは各国の王女も招待されたこと。

王女たちは皇太子妃候補として招待されたようです。

皇帝はアリスティアに運がよければアリスティアの代わりが見つかるのだから嬉しいだろうと言いますが、果たしてアリスティアの願いどおりになるだろうかとも。

後半はアリスティアに向かって言ったのか独り言なのかわかりませんが、これには各国との政治も絡んでいるだろうし蓋を開けてみないとわからないと言いたいのか、ある程度先を読んでアリスティアや周りの言動によってどう決まるかわかるだろうということなのか。

再度人生を始めた頃のアリスティアだったら、何が何でもルブリスから離れなくてはと考えていた頃だったら、皇太子妃選びにもっと関心を寄せそうだけれど。

いい人がいればすぐにでも自由の身になれるかもしれないから、嬉しいことではあるかな・・・程度で今は騎士としての任務に集中することに重きを置いているようです。

そんな中、アリスティアがラス団長の執務室に入ると、団長は不在でルブリスと側近のハレンがいました。

建国祭の準備などの確認に来たけど部屋には誰もいなくて、そこにアリスティアが入ってきたのですね。

ルブリスは部屋を出る時、アリスティアに何か変わったことはないかと尋ねます。

アリスティアはこれといってないと答えるのですが、ルブリスはそうかと答えその後、今聞いたことは気にしないでくれと言います。

何か気になる事があって聞いたのか、単純にアリスティアのことが気になって声をかけたけど何もないなら忘れてくれということなのか。

アリスティアもなんだろうと疑問に思ったようですが、忙しくてそれどころではないようです。

すると、アリスティアは広場で貴族の子息令嬢たちが集まって騒めいているところに遭遇します。

そこではジェノア嬢とハメル嬢が言い争いをしていました。

ジェノア嬢はアリスティアと同じ皇帝派の令嬢で、アレンディスのパーティにも呼ばれていましたね。

その態度からアリスティアに対して快く思ってないのかなという印象ですが。

言い争いは、ジェノアが飲み物を給仕する使用人を呼び止めたところ、ハメルが先に呼んだのは自分だと主張しているというもの。

アリスティアがまずジェノアに話かけ会話をしているところにハメルは口を挟んできました。

ここのアリスティアの目の据わった表情。

ハメルを優雅に追い詰めていく会話の運び方。

美しく賢いアリスティアに惚れ惚れします。

ハメルは会話をしているうちに自分の過ちに気づき、青ざめます。

社交界の礼儀では、自分より高い位の者の会話に割り込むことは無礼にあたる。

だからアリスティアとジェノアの会話に割り込んだハメルは社交界の礼儀を知らない愚か者となるわけです。

そのことを叱責しつつ、この時期に内輪で揉めることは帝国の恥であり忠誠心の欠如になるのだと全員に向けて叱咤することで、騒ぎを収めます。

さらに使用人が持っている飲み物は自分が取り、使用人を集め全員に飲み物を出すよう指示することで、争いの元も解決したのです。

最近のアリスティアは格好いいですね。

そしてその騒ぎと収めるアリスティアの姿を離れたところから見ていたのはルブリス。

ルブリスはどんなことを考えながら見てたんでしょう。

ハメルはこの先も出てくるのかな。

貴族派のゼナ公爵の親戚で、それを盾に傍若無人な振る舞いをしているらしいですが、今後あるだろう貴族派との対立でも全面に出てくるのかな。

令嬢同士の諍いを仲裁しながら、騎士団の仕事でも走り回っているアリスティア。

ラス団長と飛び回っているところを、誰かに呼び止められました。

ここのことがよくわからなくて、と呼び止めたのは美しく着飾った女性。

ひょっとして皇太子妃候補の王女かな。

・・・・・

次の86話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました