捨てられた皇妃【80話】ネタバレ感想|アリスティアに迫る陰謀

ピッコマで連載中の「捨てられた皇妃」80話のあらすじと感想です。

ネタバレあります。

前回の79話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃80話あらすじ感想

新任騎士の叙任式にアリスティアを伴って現れたルブリス。

多くの貴族たちが見守る中、ルブリスはカルセインに“自分の婚約者である ”(←ここ大事)アリスティアの良き友人でいてくれと公言し、カルセインに信頼を寄せているような振る舞いをしました。

カルセインとアリスティアが恋仲なのではという噂はルブリスのこの言動で払拭された感じになってますが、ルブリスが噂を打ち消すため敢えてこういう振る舞いをしたとも見えるし、もうひとつはカルセインに対する牽制なのかな。

ルブリスとカルセイン、お互い腹の探り合いというか、牽制し合っているというか。

ルブリスは言うだけ言って去っていき、アリスティアは放置。

ルブリスも婚約者らしく、もう一押しアリスティアに声を掛けるとかあればいいのに。

アリスティアを連れてきたことで、ひとまず良しということかしら。

残ったアリスティアがカルセインと気さくにおしゃべりしているところを振り返って見ているルブリスの表情は相変わらず無表情で読めません。

でもわざわざ振り返って見るということは、そこに気持ちが持ってかれているということですからね。

かなりアリスティアのことを気にかけているということです。

そしてそのルブリスの様子を見つめる皇帝陛下。

そして多分アリスティアを見ているであろう心配そうなアレンディスと、その背後には貴族派のゼナ公爵。

まるでアレンディスを通して見ているようで、象徴的な一コマです。

その貴族派たちは、かなりアリスティアを目障りに考えている様子。

アリスティア、ひいてはモニーク家の排除を画策してました。

ルブリスも成人し、アリスティアさえいなくなれば新しい皇后候補を立てざるを得ない。

そこで貴族派から皇后を輩出すれば、皇帝派に取って代わることができるという計画みたい。

アレンディスもイラついてますね。

叙任式でのルブリスの言動がやはり噂の収束に繋がったようです。

先日、アレンディスガ主催のパーティも実は噂を消すことが目的だったようですね。

しかしその噂を口にした令嬢に感情的になり、上手く事を運べなかったアレンディス。

今回のことでルブリスがアリスティアを手放したくなくなったのではと危惧してイラついてました。

周りが戦々恐々とし出していることなど気づいていないアリスティアは書庫の整理の真っ最中。

混じっていた図書館の本を返そうと運んでいる最中、ハレン(ルブリスの補佐)に呼び止められました。

そこで話しているうちにアリスティアがこれほど大量の書物の整理を命じられたのは、あの噂のことで与えられた罰だと察したハレン。

ここのハレンとアリスティアのやりとりがめちゃめちゃ楽しい。

ハレンはいつもルブリスと共にいるから、ルブリスの心の変化にもちゃんと気づいているんですよね。

この日ルブリスもいつにも増して大量の政務に追われていることも、罰を受けていたアリスティアを連れ出したことへの戒めだと察したハレンは、一人芝居を打ち自分が行おうとしていたルブリスへのお茶の給仕をアリスティアに行ってもらうことに成功。

アリスティアが行けば、疲れているだろうルブリスの癒しになると考えたのかな。

・・・・・

次の81話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました