捨てられた皇妃【74話】ネタバレ感想|アレンディス主催のお茶会

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」74話、あらすじと感想です。

ネタバレありです。

前回の73話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃74話あらすじ感想

今回はあまり進展のない回でした。

アレンディス主宰のティーパーティーの続きから。

貴族たちの間ではアリスティアとカルセインが恋仲なのではという噂が流れていたようです。

その噂の内容をアリスティアに聞かれて口にした令嬢が見たものは、アレンディスの裏の顔。

いやそれが本当は表なのか、でもアリスティアはいつも見てるニコニコ顔のアレンディスを信じてるから、それ目線で言うと裏の顔ですね。

この表情の時は影になっていて、どんな顔をしているのかわからないのですが、相当邪悪そう。

カルセインは(出た出た)と嫌なものを見る目つきになってますし、他の参加者たちもみな不安げになってます。

アリスティアだけが横に座っているアレンディスの表情に気づいていない。

アレンディスに睨まれた令嬢は怯えて紅茶をドレスに零し、アレンディスのエスコートで退場することに。

アレンディスはその令嬢を馬車までエスコートし、今後余計なことを言わないよう脅しをかけ帰らせました。

アリスティアに余計なことを聞かせようとしたのが気に入らなかったようですね。

アリスティアと出会う前からそういう面はあったのかもしれないけど、アリスティアに出会って自分のものにしたいという欲望が彼を暴走させそうです。

なんだかかつてのアリスティアに対して残酷な仕打ちをしたルブリスを思い出してしまいました。

アレンディスはアリスティアに対して酷いことはしないだろうけど、それ以外に対して残虐なことでも平気でやりそう、というかやり兼ねない人物に育ちつつある気がします。

アレンディスと令嬢が出て行った部屋では、カルセインがアリスティアにアレンディスの本性について鈍いのか、認めたくないだけなのかと突いていましたが、実際どうなのでしょう。

違和感を覚えたことはあるはずだけど、全然ピンときてないようですね。

噂については話題も変わってしまって、それ以上聞けなくなってしまったアリスティア。

独自で調べてみる気のようです。

さて日にちは変わって、帝国では新年を迎え貴族たちが皇帝と皇太子に挨拶のため参内しています。

もちろんアリスティアとケイルアンも。

そして正面からは初登場のアレンディスの兄アレクシスとアリスティアが初対面しました。

アレクシスは今まで後ろ姿しか出ていなかったのですが、思っていたのと全然違いました。

病弱とのことだったので、もっと弱々しい感じなのかと思ったら、爽やか好青年でした。

でも頭脳派のベリータ家の長男なんですよね。

この人も策士なのか、頭の良い好青年なのか。

アレンディスを子羊のように大人しくさせるアリスティアに会ってみたかったというアレクシスを制するアレンディス。

何か余計なことでも言ってしまったかなと微笑むアレクシスですが、この兄弟も微笑みながら何か考えてるのだとしたらこの兄弟がらみでも波乱が起こりそう。

そして挨拶に向かうためその場を辞するアレンディスが、誰かに目で合図を。

あれって貴族派の誰か?

この場で何かを企んでいるのでしょうか。

アレンディスはすでに何か動き始めているということですね。

そしてアリスティアを見つめる不審な目。

アリスティアに近寄ってきたこの老人は誰なのでしょうか。

・・・・・

次の75話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました