「わたしの幸せな結婚」第10話/あらすじ感想

帰宅した清霞を迎える美世の顔は暗く、食事の支度がしてあることだけ告げるとそうそうに部屋に戻ってしまいます。

ゆり江から外出中に何があったか聞いた清霞は、美世を支えたいと思うがどう声を掛けたらいいのかわからない。

長年虐げられてきたことが原因だと判ったもののどうしたら自分に自信を持ってくれるのか悩む清霞に、ゆり江は愛して大事にしてあげれば心強いはずと言う。

清霞はずいぶん美世に心を許しているものの、この感情が愛かは分からない。

でも話をすることはできると美世の部屋に向かう清霞だが、しばらく放っておいて欲しいという美世にいつでも話を聞くからとだけ伝える。 

それから一週間。

美世は食事の支度はするものの、清霞の前に顔を出すことなく過ぎていく。

その間、清霞は部下に頼んである計画を進めていたのでした。

一方、美世は自室で清霞へのプレゼントにする髪紐を結いながら、清霞のことを思っています。

異母妹の香耶のことを考えると卑屈になってしまうから、旦那様のことを考える。 

美世にとって清霞は眩しすぎる人。

その側は居心地がよくて離れがたい人。

でも美世は清霞に言わなくてはならない秘密があって、それ故に会えないでいるのですよね。

そうやって考え込んでいるところに誰かお客がやってきたとのこと。

その人物はかつて斎森家で女中をしていた花で、唯一美世の味方をしてくれた人でした。

花が辞めさせられて美世が一番辛い時に一緒にいられなかったことを詫びる花。

それでも会いにこれたのは幸せになった美世を見たかったからと。

ずっと苦しい思いをしてきた美世が幸せそうに笑っているところを見たかったからだと。

それを聞き、美世はずっと心に秘めてきた思いを打ち明けます。

異能を持っていないこと、だから清霞の妻に相応しくないことを。

それを清霞に言ってしまったら出て行かないといけない。

でも出ていきたくない。

そんな思いがずっと美世を苦しめていたのでした。

そうして泣きじゃくる美世を抱きしめ、清霞が自分をここへ呼んでくれたのだと伝えます。

清霞が部下に頼んでいた計画とはこのことだったのですね。

どうしたらいいか分からないながらも、美世のことを考えいろいろ動いてくれていたのですね。

美世には早く素直に清霞の胸に飛び込んでいって欲しいです。

無理ならはにかみながら微笑んであげるだけでもいいです。

でもこれで清霞と美世の距離が縮まったとしても、家のこととや異能のこと、まだまだ乗り越えなきゃいけない壁がたくさんあるんですよね。きっと。

まだ正式な婚約もしていないから、まずは婚約とお披露目ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました