捨てられた皇妃【70話】ネタバレ感想|ルブリスのアリスティアへの想い

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」70話、あらすじと感想です。

ネタバレありです。

前回の69話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃70話あらすじ感想

カルセインに腕を取られ、連れられていくアリスティア。

カルセインは会わない間に背も伸び 、少し大人びた様子。

久しぶりだなと話し始めます。

カルセインがアリスティアを連れ出したのは、自分が騎士になったことを伝えるためでした。

アリスティアは見習い騎士で、カルセインは正式な騎士。

職位が上の方が先輩だというカルセインに、入団は自分の方が先だというアリスティア。

いつもの調子で遣り合っていると童心に帰れると微笑むアリスティアに食事に行こうと誘ってきます。

そこにアレンディスも現れ、アリスティアは行政府の官僚になったアレンディスにおめでとうと伝えます。

そこではたと気づくのですが、以前の記憶ではアレンディスとカルセインが官僚と騎士になるのは成人を迎えてから。

それでも歴代最年少だと言われていたのに、今のふたりは成人前。

物事の進みが時間が遡る前より早まっていることに。

これが後々何かに影響してくるのでしょうか。

アレンディスはアリスティアの手を掴んだままのカルセインに皇宮で誤解されそうなことはしないほうがいいと忠告します。

カルセインはこれくらい友達なんだからと言いますが、アリスティアも気をつけようとカルセインを嗜めます。

一応アリスティアも弁えてはいるんですね。

でも、アリスティアがふたりと親しくしていることが再三話題にのぼるということは、次はこの噂について何かが起こるということ?

ルブリスはどうやら先日アリスティアと庭園を散歩していて風邪を引いたよう。

あの時、アリスティアがルブリスに目を留め話しかけてきたことで、もう少し一緒に居たくなってしまったんですね。

あの手紙を読んでから、ルブリスの前でアリスティアが倒れてから、ルブリスに話しかけてくることなどもう二度とないと思っていたから。

そして本当はあの手紙の内容が事実なのか夢なのか尋ねたかったのに、もう見ることはないと思っていたアリスティアの笑顔を見て、もっと別の話をしてあげたくなった・・・

ルブリスはアリスティアの手紙の内容をまるっきり夢だとも思ってないのでしょうか。

ひとりジェレミアが亡くなった時のことを思い出しているルブリスを見ると、切なくなります。

ルブリスとアリスティア、一緒に幸せにはなれないのかなぁ。

と思った矢先に、アレンディスの父である宰相が皇帝に何かを告げ、ルブリスとアリスティアの婚約破談の件とそれに伴う対応について話し合うことを決めるのでした。

え?婚約破談しちゃうの?

確かにアリスティアにとってはそれが運命を覆す目標のひとつだけど。

でも今のルブリスは前のルブリスと全然違うし、アリスティアもルブリスのことをやっぱり憎からず思っている気がするのですよね。

しかも婚約破談してしまえばルブリスは圧倒的にアレンディスやカルセインに比べて不利になっちゃいそうだし。

しかも宰相の進言って、絶対何か企んでるっぽいし。

・・・・・

次の71話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました