偽装結婚のススメ〜溺愛彼氏とすれちがい〜#4/あらすじ感想

優介が何を考えているのかわからない紗雪。

それでも、優介の家族に挨拶に行ったり、ドレスや指輪を見に行ったりと距離が縮んできてるように見えましたが。

優介の幼なじみの美花に会って、優介には他に好きな人がいるのでは?という疑惑が・・・

前回の3話はこちらこちら

偽装結婚のススメ第4話あらすじ感想

紗雪は優介が本当に好きなのは幼馴染みの美花なのでは、美花には八木沢という恋人がいるからその代わりに自分を選んだのではと疑いが消えない。

暗い表情の紗雪を気遣う優介だけど、紗雪が何を考えているのかには気付いていません。

優介のことが好きだと自分の気持ちに気付いてしまった紗雪は、優介の前でギクシャクしてしまい優介が紗雪に触れるのを振り払ってしまうなどおかしな行動を取ってしまう。

次の朝も優介が起きるより先に出てしまう紗雪。

帰りも優介の顔を見ずらくて躊躇していると、父親から電話が。

優介の祖父である水嶋会長から紗雪が挨拶に来たことを聞いたとのこと。

追い討ちをかけるように、それくらいしかできないのだからヘマをして優介に捨てられるなよと。

怒りながら向かった先は、優介と初めて出会った場所。

そこになかなか帰ってこないし連絡も取れないから探しに来たと優介が現れる。

紗雪はいろいろな思いでもういっぱいいっぱいになっていて、つい優介の前で涙を流してしまいます。

それを見た優介は紗雪にキスを・・・

自分のしたことに気づき、ついしてしまったと離れる優介に平手打ちをする紗雪。

優介のやることが理解できない紗雪は、もうついていけないとそこから立ち去ります。

優介から電話に出てくれ、どこにいる?と次々入るメッセージ。

もうあそこへは戻れないと沈む紗雪に話しかけたのは弟の真也でした。

真也は喧嘩して家出したなら今日は実家に帰ってこればと、勝手に紗雪の携帯から優介に今日は実家に帰るとメッセージを送り、紗雪を実家へ連れ帰ります。

実家では父と真也が優介のことを悪く言いたい放題。

それに切れた紗雪は、とうとう父と真也の前で本性を出してしまいます。

優介さんをお前らと一緒にするな、クソジジイと。

私の大事な人を侮辱しないで、と。

そこに優介が現れて、さすが俺の奥さん、惚れ直したと紗雪を抱きしめます。

やっぱり優介は紗雪に惚れてたんですね。

さっぱり紗雪には通じてなかったけど。

さっさと紗雪を連れ出す優介に、何が起こったのか把握できない紗雪。

しかも暴言を吐いたところを見られたと知って、自分は本当は負けず嫌いで口も悪いけど幻滅しましたかと優介に問います。

すると優介はそのままのサユもすごくいい。サユが生きやすいようにしてくれるほうが嬉しいと。

本当の紗雪を認めてくれる優介はやっぱイケメンですね。

優介が言ってくれたことで素直になれた紗雪。

そのままの自分でいいんだと、そしていつか優介に好きになってもらえたらと、優介に好きですと思いを告げる紗雪なのでした。

いや、優介も紗雪のこと好きだと思うけどね。

ただ、優介から好きとかそういうのはまだ聞いてないから、まだわからないけど。

この続きの第5話はこちらこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました