つまり好きって言いたいんだけど、【第2話】ネタバレ感想

つまり好きって言いたいんだけど、

登場人物

冴島千歳

芸能事務所のマネージャー。

子供の頃よくいじめられていたことから護身術も身につけ、強くて負けない自分になったと思っている。

藤代瀬那(本名:不二宗純)

千歳の事務所のトップ俳優。

千歳の幼なじみで、千歳をいじめていた本人。

【Act.2】ゴシップ管理も仕事です

前回のAct.1はこちら

芸能事務所のトップ俳優藤代瀬那の担当になった千歳。

昔いじめっ子だった幼なじみの宗純とわかっても、真面目にマネージャーの仕事に励む千歳。

その千歳が今心配なのはスキャンダル。

瀬那は女性関係にだらしないから。

そうならないように瀬那を監視する千歳だけど、瀬那にうまく撒かれちゃうんですよね。

千歳は気が弱くいじめられてた子供の頃とは違い自分は強くなったと思っているようですが、根本は変わってないんですね。

いじめられてたのはなんでも信じて騙されやすかったから。

宗純の嘘をすぐ信じて馬鹿にされてたころと同じ、瀬那のいうことを真に受けて信じては騙されるをまだ繰り返してしまう。

お酒の飲み過ぎで瀬那と同じベッドで目覚めた時も、瀬那の嘘を信じ一線を超えてしまったと思い込む千歳。

でもここからの千歳の行動は瀬那の思ったのとはまるで違ったようで。

千歳は責任を取ってマネージャーを辞めるといい、マネージャーを辞めることを認めてもらえないなら辞表を出すとまで言い出します。

これに焦った瀬那は千歳に何もしてないことを告白。

さらに女性関係を控える代わりに千歳がパートナーになればいいと。

どうやら瀬那が子供の頃千歳をいじめてたのは好きの裏返しだったようですが、千歳にはまるっっきり伝わらず。

瀬那の言うことは全て嘘だから、その裏返しが本当だと思えばいいと結論づけます。

だから瀬那が千歳のこと好きだと言うのは、嫌いだということね、と。

瀬那が現時点で千歳のことをどう好きなのかわからないですが。

幼い頃の好きという感情を思い出しているだけなのか、大人になった千歳を気になり出しているのか。

まだ恋と呼べるほど好きなわけじゃない気がするのですよね。

でも千歳に常に嘘を言う奴だと認定されてしまったので、これから挽回するのはかなり前途多難な気がします。

 ・・・・・

次のAct.3はこちらから 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました