捨てられた皇妃【55話】ネタバレ感想|夢の中で過去を見るアリスティア

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」55話、あらすじと感想です。

ネタバレありです。

前回の54話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃55話あらすじ感想

アリスティアが倒れたと連絡が入り、急ぎ領地へと戻ったケイルアン。

ケイルアンはベッドの上のアリスティアに声を掛けるが、無表情で焦点の合わない目で口をつぐんでいるまま。

ルブリス曰く、二日間食事も睡眠も取らずにいるらしい。

厚い殻の中に閉じこもってしまっている状態でしょうか。

ケイルアンがいろいろと声を掛けるが身動き一つしないアリスティアに衝撃を受ける。

私の育て方が間違っていたようだと言うケイルアンを見た時は、ケイルアンまで悩み始めてしまうのでは・・・と思ったのですが、違いました。

ケイルアンは剣を極めるのではなかったのか!家を継ぐのでは!このまま何もかも諦めてしまうのか!と撃を飛ばし、目を覚ましなさい!アリスティア・ラ・モニーク!とアリスティアの心を揺さぶります。

するとアリスティアの瞳に光が戻り、ケイルアンの存在を認めてまた気を失います。

今回はただ眠っただけで、もう大丈夫な様子。

ルブリスもカルセインもほっとした表情を浮かべています。

ケイルアンが戻ったことで、ルブリスは公務のため領地を発つことに。

眠るアリスティアを見つめるルブリスは、自分がアリスティアの元を離れればアリスティアも心を休めることができるだろうと読んでしまった手紙をアリスティアの傍に置き、出立します。

ケイルアンにアリスティアがああなってしまった経緯を聞かれてもわからないと答えて。

ルブリスにとっても衝撃の内容だっただけに軽々しく言えることではないでしょうが、 次に会うのはきっと首都で。

ルブリスはどんな行動に出るのでしょうか。

眠りの中のアリスティアはある夢を見ています。

それは時間を巻き戻される前の自分。

それを第三者の目線で見ることで、気づいたことがありました。

皇帝がアリスティアを可愛がるところをルブリスがどんな表情で見ていたか。

周りからアリスティアがなんと言われていたか。

ルブリスと過ごす時間を増やすように皇帝に言われ皇宮に通っていたアリスティアだが、ルブリスに疎まれていることを周りの貴族たちに揶揄されていたんですね。

ルブリスの成人の儀式の時も、ダンスで失敗し周りから嘲笑されていたアリスティア。

それでもルブリスに迷惑をかけまいと心を無にして務めていたアリスティア。

たとえ神に選ばれし子が美優だったとしても・・・。

アリスティアはただ真面目に責務を全うしようとしていただけなのに。

ルブリスに恋をし、陰ながらでもルブリスのためにと、それでも少しは自分に振り向いてくれるのではと淡い期待を抱いていただけなのに。

そもそもルブリスはアリスティアに関心もなく、見向きもしなかった。かつては。

でも、今はルブリスもアリスティアに関心を寄せているし、以前ほど嫌ってもいないはず。

そしてルブリスの成人の際のダンスもアリスティアは失敗しなかった。

思ったほどではないにしても、アリスティアは新たな運命を切り開いてるから頑張って乗り越えて欲しいです。

・・・・・

次の56話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました