捨てられた皇妃【52話】ネタバレ感想|何故かルブの食事の好みを知り尽くしていたティア

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」52話、あらすじと感想です。

ネタバレありです。

前回の51話はこちら

登場人物一覧はこちら

捨てられた皇妃52話あらすじ感想

ルブリスがアリスティアのいるモニーク家の領地に到着すると、アリスティアは料理長にルブリスの料理について何か指示を出していました。

そして食事の時間。

ルブリスはそのメニューをみて何か驚いた様子。

アリスティアはその様子が気になり何かあったのかと聞くが、なんでもないというだけ。

逆にルブリスの従者ハレンはその料理に感心しているよう。

ルブリスとハレンの様子にアリスティアは何かしてしまったのかと青ざめてしまっているが、ルブリスはじーっとアリスティアを眺めるばかりで何も言わない。

そして食後のお茶にはカモミールとハイビスカスの2種類のお茶。

少しは和やかになったかも・・・と思いきや、ルブリスが口火を切りました。

カルセインには領地で一人で滞在するアリスティアの傍についていてくれることへの感謝を。

アリスティアにはまるで親しい間柄のように話しかけます。

婚約者である自分を置いていつまで領地にいるのか。

早く首都に帰ってきてほしい。

国王も会いたがっているし、自分もアリスティアがいないと物寂しい。などと。

いつもと様子が違うルブリスに、アリスティアもどう対処していいかわからないようですね。

そしてアリスティアと二人で話がしたいから、とカルセインを退席させます。

部屋の外で待っていたハレンに「心配することはない」と声を掛けられるカルセイン。

ハレンはアリスティアがルブリスを迎えるにあたって、準備が完璧だったことに感心していたようです。

一方、二人きりになったルブリスとアリスティア。

ルブリスはアリスティアの矛盾した態度がまったく理解できないと言います。

それはルブリスにいつも怯えるような態度をとる反面、今回ブルリスを迎えることにいろいろ配慮があったことに対して。

アリスティアにとっていくら恐怖の対象だからといって、皇太子を迎えるにあたって失礼があってはいけないと配慮するのは当然です。

アリスティアは当たり前のことをやっているだけなので、なぜそう言われるのかまったく理解でいません。

でもそれが矛盾しているとルブリスは言っているんですよね。

アリスティアがした配慮を具体的に挙げていくルブリス。

料理の食材が他の人と違ったこと、選ばれたワイン、デザートの好み、食後のお茶の種類、すべてがルブリスの嗜好に合うものが用意されていた。

しかし、それでもアリスティアは当然のことをしたまでと、ルブリスがそこまで言う理由に思い当たらない。

しかし、そこでハッと気付いたこととは・・・?

今のアリスティアはずっとルブリスを避けていたので、そこまで知っていたはずはないと思うのですよね。

しかも、ハレンも皇宮内でもごく少数のものしか知らないことなのになぜ知っていたのかと疑問に思ってますし。

かつて知っていたことを無意識のうちにやってしまっていたということ?

・・・・・

次の52話はこちらから

 

捨てられた皇妃
スポンサーリンク
mio7kをフォローする
こもり日和

コメント

タイトルとURLをコピーしました