新しい上司はど天然1巻/感想ネタバレ

「新しい上司はど天然」の第1巻感想、ネタバレありです。

広告代理店の企画営業部にいる上司と部下たちのほのぼのお仕事ストーリーってことでいいのかな。

上司からのパワハラでメンタルと胃をやられた桃瀬くんと転職先の新しい上司の白崎主任が、営業回ったり事務仕事したりお昼休憩とったり定時退社したり飲みに行ったり猫拾ったりする話。

 ちょいちょい桃瀬くんが前職のパワハラ上司のことを思い出すけど、かなりなパワハラっぷり。

桃瀬くん、思い切って転職してよかったねぇ。

しかも転職先で出会ったのが、いろいろ気を配ってくれる優しい主任。

地獄から一気に天国にきちゃった桃瀬くん。

でも、なかなか元上司の呪縛から逃れられないようで、折に触れ思い出しては胃がキリキリ。

転職してすぐの外回りでも胃痛が再発してしまった桃瀬くんに、主任が買ってきてくれたのが生理痛や頭痛に効く鎮痛剤。

急に桃瀬くんがしゃがみ込むからパニクっちゃって、よく元カノがお腹痛い時に買ってたのをつい買っちゃったんだね。

痛いところが違うけど、主任の優しさでメンタル系胃痛なんて吹き飛んでしまうよね。

さらには主任の天然っぷりが病み気味の桃瀬くんの癒しになって、読んでる側もほっこり 。

でも桃瀬くんの病みっぷりもなかなか板についている。

人生初!の定時退社に感動するも、帰宅電車の隣の席の人が元上司と同じ香水だったため地獄の記憶が蘇って。

反対側の主任の香りの柔軟剤のファー◯ァに癒されるも、両方の匂いに挟まれて思考がおかしなことに。

癒されたくて主任のシャツに顔うずめたくなるくらい精神的に追い込まれて、耐えきれずに電車を降りてしまうんだよね。

もう電車乗るの怖い・・・って涙目になりながら歩く桃瀬くんが切ない。

でも様子のおかしい桃瀬くんに気づいた主任が電話をくれて、飲みに誘ってくれて。

しかも上司に誘われるのイヤかなって迷ってたらドアに挟まれて桃瀬くんを見失うとか。

優しさと天然っぷりでほっこり。

で、ここの落ちが好き。

桃瀬くんと電話で話しながら、合流場所を検索するためスマホを鞄から出そうとして「会社にスマホ置いてきた」っていう主任に、

桃瀬くんが「・・・今、僕との会話でご使用中かと・・・」ってほっこりしながら言う表情に癒されます。

主任の「んあっ」も台詞だけだけど、表情がイメージできちゃう。

さらに居場所を特定しようと目の前に何が見えるか聞いた桃瀬くんに、「真っ赤な夕日。キレイだよ」って答えちゃう主任。

いつになったら合流できるのやらΣ(・ω・ノ)ノ

ここまでで第3話まで。

課長と金城くんと白桃ちゃん登場まで辿り着けなかった。

続きはまた。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました